心の中の遠い旅路。

アクセスカウンタ

zoom RSS 馬祖で沖縄を@台湾・離島の旅(40)

<<   作成日時 : 2015/03/16 07:37   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

画像














芹壁集落で思わぬ出会いがありました。

それは沖縄でよく見かける石敢當を見かけたことでした。
思わず、小さな感動でした(笑)
かつて琉球時代、
冊封使という使いを中国へ向かわせていた。
那覇港から久米島を通り大陸へ向かう。
この馬祖の対岸の福州が大陸の玄関口だった。
この福州にやってきた冊封使たちは、
そこから北京までの約3000キロを陸路で向かいます。

画像














当時の先進国の中国。
そこのいろんな風習・習慣などの文化が、
沖縄に伝わったのだろうと思われます。

そしてまるでシーサー。

画像















沖縄の石敢當やシーサーの、
所縁の地を見たような気がしました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
馬祖で沖縄を@台湾・離島の旅(40) 心の中の遠い旅路。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる